【Tableau入門①】論理関数の使い方をわかりやすく解説!

論理関数のまとめを作りました!

論理関数:いわゆる条件式、AであればBとかAはTRUE、BはFALSEみたいな。

下記を参考にしています。

目次

論理計算について

まずは論理関数ではなく、論理計算から見ていきましょう!
論理関数を使う上で大切な要素です。
計算式が正しいか、間違っているかを判断する計算式です。

SUM([個数]) > 1000

上記式は個数が1000より大きいときにTRUEを返し、小さいときにFALSEを返します。
TRUEが正しい、FALSEが間違いというわけです。
他にも

SUM([個数]) = 1000→1000ならTRUE
SUM([個数]) <= 1000→1000以下ならTRUE
SUM([個数]) => 1000→1000以上ならTRUE

このようになります。

複数条件の場合

複数の必要条件がある場合はANDでつなぎます。
※どっちも絶対な場合。

SUM([個数]) > 1000
AND
SUM([売上]) > 10000

十分条件の場合はORでつなぎます。
※どっちが当てはまればいい場合。

SUM([個数]) > 1000
OR
SUM([売上]) > 10000

比較演算子一覧

演算子役割
 == or = 等しい
 != or <> 等しくない
 > より大きい(その数値を含まない)
 >= 以上(含む)
 <より小さい(含まない)
 <=以下(含む)

=と==の違い

Tableau的には特にないです。
プログラミング言語でよく、=は代入、==は比較として使われますが、Tableauの仕様上は関係ないです。

含む場合としたい時はCONTAINSを使う

CONTAINS("文字", "含む文字")

これで含む場合はTRUE、含まない場合はFALSEを返します。
↓詳しくは

論理関数の基礎編

よく使うものだけピックアップ!
IF (イフ)…条件に応じた結果を返せる
IIF(アイイフ)…2択の場合に使える
CASE(ケース)…1つの項目に対して多分岐する
ZN(ゼットエヌ)…NULLの場合は0を返す
IFNULL(イフヌル)…NULL限定のIF
IN(イン)…リスト判定に使える

IF (イフ)…条件に応じた結果を返せる

条件に応じた結果を変えることができます。

IF:もし○○なら
THEN:条件通りなときは●●
ELSEIF:もし□□なら
THEN:条件通りのときは■■
ELSE:どの条件に合わないなら××
END:終わり

具体的に書いてみると

IF [都道府県] = “東京”
THEN “都”
ELSEIF [都道府県] = “北海”
THEN “道”
ELSE”県”
END

こんな感じです。

①IFの後には論理計算を置く
②THENの後にTRUEの場合の結果を書く
③ELSEの後にFALSEの場合の結果を書く
④最後にENDを忘れない

ごり子

一番使う関数だね!

詳しくは↓

IIF(アイイフ)…2択の場合に使える

IFと違ってこっちは2択です。

IIF ( [人口] <= 10000, “少ない” , “多い” )

IIF(論理計算,TRUEの場合,FALSEの場合)となります。

個人的にはそんなに見やすくないので使わないです。

CASE(ケース)…1つの項目に対して多分岐する

多分岐できます。
これは見たほうが早いです。

CASE  [国名] 
WHEN "日本" THEN "アジア"
WHEN "中国" THEN "アジア"
WHEN "アメリカ" THEN "北アメリカ"
WHEN "フランス" THEN "ヨーロッパ"
ELSE "その他"
END

こんな感じに区分けできます。
CASEの後に項目を置くのが特徴です。
WHENの後には条件、THENの後には結果です。

柔軟性はIFに劣りますが、見やすいことで人気らしいです。

ZN(ゼットエヌ)…NULLの場合は0を返す

ZNはNULL専用です。
NULLの時だけ0を返します。
それ以外はそのまま返します。

AVG(ZN([個数]))

↑みたいに使ったりしますね。

ISNULL(イズヌル)…NULLの場合にTRUEを返す

NULLの時にTRUEを返します。
地味に使います。

IF ISNULL([課名])
THEN [部署名]
ELSE [課名]
END

課のデータがNULLの場合は部署を代わりに取ってくるみたいなこともできますし、普通にNULLを条件にしたい時も使えて便利です。

IFNULL(イフヌル)…NULL限定のIF

対象がNULLの場合の値を指定できます。

IFNULL([課名],[部署名])

IIFのNULL限定バージョンですね。
IFNULL(NULLかどうか判定する項目,NULLの場合に返す値)
NULLでない場合は、値がそのまま返されます。

IN(イン)…リスト判定に使える

値が指定のリストと一致するか確認することができます。

[ID] IN (10, 15, 20)

↑の場合だと、IDが10,15,20の時TRUEを返します。

つづく

次回は集計関数について解説しています!

おすすめTableau教材

著:小野泰輔, 著:清水隆介, 著:前田周輝, 著:三好淳一, 著:山口将央
¥2,376 (2021/12/11 12:35時点 | Amazon調べ)

ビジネスパーソンがいま読むべき本を厳選!

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

ごり子

読んでくれてありがとう!

コメント

コメントする

目次
閉じる