【Tableau入門】NULLのせいで計算ができない?そんな時に便利なZN関数を解説!

「なぜか計算フィールドが空白に、、、」
あ、NULLだ

今回は、Tableauで躓きやすいNULL対策におすすめ!

ZNの使い方を説明させていただきます!

目次

ZNの使い方

ざっくり言うと

ZN(expression)

↑のは公式に乗っていたものです。

要するにNULLを消して0にしてやるからZN書いて()で囲めってことです。

NULLとは?

そもそもNULLって何なんだって話ですよね。
NULLはヌルと読みます。

発音のいい人だと英語風にナルなんて言うかもです。

意味としては”無”です。
何もないってことです。

ラテン語で無を意味するnullusからきていて、ドイツ語ではNullでそのまま0を表します。
ドイツ人にあったら使ってみてください。

なんもないから計算できない

100÷0=?

答えは0ですよね。
正確には計算できないわけで、100個のクッキーを0人で分け合ってもなにも起きないのです。
計算の答えがありません。

だけども計算のルールとして答えは0としています。

NULLと0の違い

どっちも無です。

が、0はあくまで数字であって、0人も0個も0円も現実に存在します。
友達が0人、所持金が0円とか普段使いますよね。(悲しいけど、、)

NULLは本当に無なんです。
0は+1したら1になりますが、NULLは無だから何しても無です。
友達って概念もお金って概念もなくからっぽなんです。

なーんにもないんです。
だからNULL値を計算フィールド使っちゃうと空白になってしまうというわけです。

ごり子

例えば好きな人がいるとして、
その人が自分を認識しているけど脈なしが0
存在を知らないがNULLって感じかな

ごり丸

じゃあ僕が大好きなあのこと付き合える可能性って0ですらないのか・・・
いや、ZNを使えば・・・

ZNはNULLを0に置き換える

本題に戻りますが、ZNという関数はNULLを0に置き換えます。
概念を教えてあげるところから始めるんです。

まずは0からです。

ZN(SUM( [配ったチョコレート] )/ SUM( [友達] ))

まとめ

ZNの流れをまとめます。

  1. とりあずZNと()で囲め
  2. NULLと0は違う
  3. 0になれば1になるチャンスがある

コメント

コメントする

目次
閉じる