【Tableau入門④】日付関数の使い方をわかりやすく解説!

Tableau入門第4回は日付関数についてです!

日付関数:日付関連の関数。

下記を参考にしています。

目次

計算可能な日付部分一覧

日付計算が出てきますが、増減できる項目は決まっています。
下記を参考に見ていってください。

DATE_PART
'year'年(2022年とか)
'quarter'4月基準に3か月ごとで区切る(4-6=第一四半期, 7-9=第二四半期 )
'month'
'dayofyear'1月1日から何日たったか
'day'
'weekday'1~7日間
'week'1年間を52分割
'hour'時間
'minute'
'second'
https://help.tableau.com/current/pro/desktop/ja-jp/functions_functions_date.htm

日付関数の基礎編

※日付は##で囲みます。””ではないので気をつけましょう!

TODAY(トゥデイ)… 今日
NOW(ナウ)… 今、この瞬間
部分系… 特定の部分を切り抜きます
DATEADD(デイトアド)… 特定の部分を増減する
DATEDIFF(デイトディフ)… 2点間の差異を計算
DATETRUNC (デイトトランク)…日付を切り捨てる
DATENAME(デイトネイム)…日付を言葉にする

TODAY(トゥデイ)… 今日

TODAYはそのまんま今日です。

TODAY()

TODAY()のかっこの中身は?

TODAY()は()の中に何もいれず、TODAY()と書くのが基本です。
TODAYは関数なので引数、つまり()の中身が必要です。

しかし、今日は今日であり、この世に一つしかありません。
なので引数は不要になります。

結果、TODAY()という形に落ち着いたというわけです。

NOW(ナウ)… 今、この瞬間

NOWは今を返します。
日付だけでなく、秒まで返します。

NOW()

NOWもかっこの中身は不要です。

DATE(デイト)… 日付にする

DATEは日付にします。

DATE(NOW()) = TODAY()

↑の式が成り立ちます。
NOWの時間を切り捨ててます。

部分系… 特定の部分を切り抜きます

多いのでまとめます。
数値で返します。

関数名内容使い方
YEAR年を返すYEAR(TODAY())
QUARTER四半期を返す QUARTER (TODAY())
MONTH月を返すMONTH(TODAY())
WEEK週を返すWEEK(TODAY())
DAY日を返すDAY(TODAY())

DATEADD(デイトアド)… 特定の部分を増減する

DATEADDは特定部分を増減させます。
月だけ+1とか日だけ+1みたいな感じです。

DATEADD(“日付部分”, 増減値, 日付)

例えば今日から1か月後を示すには

DATEADD("month", 1, TODAY())

↑になります。

先月なら

DATEADD("month", -1, TODAY())

DATEDIFF(デイトディフ)… 2点間の差異を計算

煩雑な日付の差異を計算してくれます。

DATEDIFF (“日付部分” , 終点 , 開始点)

DATEDIFF ("day" , TODAY() , #2020-12-31#)

DATETRUNC (デイトトランク)…日付を切り捨てる

月初だけ欲しいんだよなってことありませんか?
そんな時はDATETRUNCが使えます。

DATETRUNC ( 日付部分, [日付] )

DATETRUNC ("month", #2022-01-20# )

↑のようにすると”2022/01/01 0:00:00”と返ってきます。
時間がいらないなら

DATE(DATETRUNC ("month", #2022-01-20# ))

DATEで日付だけにしましょう。

DATENAME(デイトネイム)…日付を言葉にする

その日が何曜日か、どの月か知りたい時に使えます。

DATENAME("month",#2022-01-01#)

↑ならJanuary

DATENAME("weekday",#2022-01-01#)

↑ならsaturday=土曜日となります。

続く

今回は日付関数でした。
不明点や間違いなどあればコメントにお願いします。

次回はディメンションとメジャーについてです。

おすすめTableau教材

著:小野泰輔, 著:清水隆介, 著:前田周輝, 著:三好淳一, 著:山口将央
¥2,376 (2021/12/11 12:35時点 | Amazon調べ)

ビジネスパーソンがいま読むべき本を厳選!

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

ごり子

読んでくれてありがとう!

コメント

コメントする

目次
閉じる