【Tableau入門】日付フィルターを自分で作る方法!

「値のフィルター??」
“2021/10/01″<と書くとエラーになる…

ごり子

結論言うと#2021-10-01#と書くよ

今回は、Tableauで数式を使った日付フィルターの使い方について説明させていただきます。

目次

日付表現

TableauPrepなどでデータソースに直接フィルタしたほうが軽くなります。
そんな時に使えるのが日付の表現です。

#2021-10-01# < [日付]

とか

[日付] <= TODAY()

こんな風に記述することでフィルタをかけられます。

日付は#

意外と知られていないのですが、日付は#で囲みます。
また区切りは-です。

文字が””でというのは有名ですが、日付は意外と知られていません。
これを知っているだけでPrepの効率があげられるのでおすすめです。

まとめ

  1. 日付は#
  2. 値フィルターはPrepの高速化に役立つ

コメント

コメントする

目次
閉じる