【Tabelau入門】今月は何日間ある?この月は何日?月日数の算出方法!

今月が何日か計算フィールドで算出したい!

1月は31日、2月は変わる、3月は31日、4月は30日…
月日数って場合によって変わりますよね。

今回はこの”月日数”の算出方法を紹介します。

要点
①DATEADDで翌月のその日を出す
②DATEDIFFで当月と翌月の差をだす
③引き算でもOK!

目次

翌月との差を出すことで月日数を算出する

考え方はシンプルで、翌月と当月の差を出します。
例えば、10月10日と11月10日の差は31、11月10日と12月10日の差は30日となるように、翌月との差が月日数と一致します。
つまり

DATEDIFF(“day”,[日付],DATEADD(“month”,1, [日付] ))

↑のような式で算出できます。
本日で試してみると

DATEDIFF("day",TODAY(),DATEADD("month",1,TODAY()))

こんな感じです。

指定の日が属する月の月日数が算出できます。

軽めの補足

DATEDIFF(“day”,TODAY(),DATEADD(“month”,1,TODAY()))

↑を例に考えると

  1. 計算の基準を”day”とする→日付計算
  2. 始まりを本日→TODAY()
  3. 終わりを翌月→DATEADDで”month”つまり本日の月を+1にする
  4. DATEDIFFで2点間の差を出す

DATEADDで月を+1しているのがポイントです。

引き算でもOK!

ちなみに引き算でもできます!

DATEADD("month",1,TODAY())-TODAY()

こっちの方が簡単ですかね。

おわり

おすすめTableau教材

著:小野泰輔, 著:清水隆介, 著:前田周輝, 著:三好淳一, 著:山口将央
¥2,376 (2021/12/11 12:35時点 | Amazon調べ)

ビジネスパーソンがいま読むべき本を厳選!

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

ごり子

読んでくれてありがとう!

コメント

コメントする

目次
閉じる