【Tableau入門】FIXEDの使い方をわかりやすく解説!

「FIXED関数ての使い道がわからない‥」
いつどうやって使うの?

Tableauの便利関数FIXEDですが意外と使われていません。
それもこれもイメージが付きにくいその機能が原因です。

ごり子

わかってしまえば超簡単だよ!

今回は、FIXED関数の利用方法を解説するとともに

具体的なコードを説明させていただきます!

目次

FIXEDとは?

Tableauの関数で計算フィールドで使います。
和訳すると「固定した」という意味があります。
フィルターを無視できるなんて説明されることが多いです。

ざっくりいうと

見かけとは別に目線を固定して計算する

使い方は

{FIXED [ディメンション]:集計式}

具体的に使ってみる

名前に”山”と入る市町村の人口合計を出します。
下記サイトe-Statより日本の人口データを使います。
https://www.e-stat.go.jp/regional-statistics/ssdsview
総務省統計局が整備し、独立行政法人統計センターが運用管理しているようです。

まずは2つのコード見てください

名前に”山”が入る市町村

{
FIXED [都道府県]:SUM
(
IF CONTAINS([市町村],”山”)
THEN [人口]
ELSE 0
END
)
}

山が入る市町村2

{
FIXED [調査年],[都道府県]:SUM
(
IF CONTAINS([市町村],”山”)
THEN [人口]
ELSE 0
END
)
}

結果↓

愛知県でフィルターをかけています。

2つのコードの違いはFIXEDの中だけです。
しかし数値は1,906,015と212,260で8倍ぐらいの差があります。
さらに言えば山の入る市の人口なのに、山が付いていない市の欄にも数値が入っています。

なぜでしょうか?

どの目線で考えるかで数値が変わる

FIXEDがなかった場合を考えてみましょう。

市町村に”山”が入っていれば[人口]を表示、なければ0なので
一番上のあま市の値は0になるはずです。

しかしFIXEDをつけることによって目線が変わっているため、値が入っているわけです。

[調査年],[都道府県]であれば年代と都道府県目線
つまり、愛知県のなかにある細かい区分け全部の合計で見ているわけです。
今回は市町村が中に入っているので、その分すべて合計が見えているわけです。

今回でいうと
1980年
犬山市 64614人
守山区 133953人
豊山町 13693人
合計  212260人

FIXED [都道府県]が約8倍になるのは
年代のパターンが8個あり、それをすべて合計しているからです。
都道府県のみの目線だと、その中には1980年代の犬山市と1985年代の犬山市と同じ市だけど年代が違うという重複が生まれているのです。

いつ使うのか??

重複したデータがあるときに非常に便利です。
例えば営業データです。

担当者相手先契約商品日付勤務時間
田中山田商事カップ麺2021/10/018
田中鈴木工業カップそば2021/10/018
田中鈴木工業カップそば2021/10/028

こんなデータがあったとします。

契約数÷勤務時間で1時間あたりの生産性を出せと言われた時、↑データだと非常に困ります。

そんな時は

{FIXED [担当者],[日付]:COUNT([契約商品])}
/
{FIXED [担当者],[日付]:MAX([勤務時間])}

これでOKです。
担当者と日付を固定して計算しています。

まとめ

  1. FIXEDは条件を固定する
  2. フィルタしても関係ない
  3. とっても便利

コメント

コメントする

目次
閉じる