【ITパスポート試験対策】ストラテジ系-第2回|損益決算書を読み解く

本記事はITパスポート/情報セキュリティマネジメント試験対策講座です。
今回は会計基礎です。
損益決算書を見て、基本的な項目の意味を学びましょう。

目次

売上って?利益って?

ごり丸

売上とか利益ってよく聞くけど結局なんのこと??

ごり子

売上はなにか売って対価でもらったお金の合計だよ!
利益はその売上から売るためにかかったお金を引いた合計!

売上とは販売の対価

100円のリンゴをスーパーで購入するとき、あなたはどうしますか?
100円の缶ジュースを店員に渡して交換、100円分のお手伝いをしてもらう?

そんなことしませんよね。
100円玉を渡して終わりです。
現代は貨幣社会であるため、物やサービスに対してその対価にお金を払います。

売上とは対価として支払われたお金の合計をいいます。

個々の取引では売上。
一定期間の総販売額を売上高といいます。
なので決算書などでは売上高が使われています。

利益とは販売にかかった費用を引いたあまり

100円でリンゴを販売するスーパーは、そのリンゴをどうやって手に入れたのでしょうか?
近所のリンゴ農家の人から一括で買い上げ、海外のリンゴの卸売り業者から買い上げ、いろいろな方法がありますね。

すべてに共通して言えることはタダでは手に入らないということです。
さらに販売するという行為にもお金はかかります。
スーパーの建築費、電気代、店員の給与、税金、いろいろなお金がかかります。

こういった費用を売上から引いたものが利益です。
利益がマイナスなら赤字といい
プラスなら黒字といいます。

損益計算書を読み解く!

損益計算書とは企業が1年間でどれだけの利益をあげたのかをまとめたものです。
Profit and Loss Statementを略してP/Lと呼ばれることもあります。

損益計算書読んだことはありますか?
自分の勤める会社、家族が勤める会社、もしくは投資対象などなど。
その会社のことを知りたいとは思っていても、損益計算書を読んでまでって人は少ないですよね。

損益計算書は文字通り、その会社がどれだけ”“or”利益“を出したのかをまとめたものです。
企業の通知簿みたいものです。

イメージがつかみにくいかと思うので、実際の値で読んでみましょう!
↓2019年03月期のトヨタです。※かなり省略してます

決算期(トヨタ自動車株式会社)2019/03
売上高30兆円
売上原価25兆円
売上総利益(粗利)5兆円
販売費・一般管理費2.5兆円
営業利益2.5兆円
経常利益2.2兆円
税引き前当期純利益2.2兆円
当期純利益1.8兆円

売上総利益(粗利)

ざっくりとした”儲け”を売上総利益、主には粗利(あらり)と呼びます。

売上総利益 = 売上 - 売上原価

売上原価とは、その商品・サービスを生み出すために直接かかるお金のことです。
原材料や仕入れ料などがあります。

リンゴを50円で仕入れて、100円で売ったとすると
売上総利益は50円です。

運送費は基本的には原価に含まず、販売費・一般管理費に含まれます。

営業利益

その企業の本業(営業)が稼ぎだした儲けを営業利益と呼びます。

営業利益 = 売上総利益(粗利)  販売費・一般管理費

リンゴを売るときかかる費用は仕入れ費だけではないですよね。
運送費、人件費やら建物の賃料やらいろいろかかります。

このいろいろを販売費・一般管理費、略して販管費といいます。

販売費と一般管理費

販売費は商品の販売に関連して発生した費用です。
一般管理費は企業の本業を営むにあたってかかる費用です。
例えば、販売員の人件費は販売費ですが、販売員の福利厚生費は一般管理費なんです。

ごり子

IT系の資格試験で深く問われることはないよ!

経常利益

営業利益に、本業以外の損益を加えたものを経常利益と呼びます。

経常利益 = 営業利益 + 営業外利益 - 営業外費用

イメージしにくいですが、代表的なものに為替差損益があります。
例えば1万ドルの利益があったとします。
1ドル=100円で計算すると100万です。
これが、想定を大きく外れ1ドル=120円となったら120万ですよね。

結果的に20万円の利益が増えています。
これが営業外利益です。(もちろん円高になれば営業外費用になります)
円安で儲けが増えるというのはこういった仕組みがかかわっているわけです。

税引き前当期純利益

法人税などの税金を払う前の実質的な利益を税引き前当期純利益(税引前利益)といいます。

税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 - 特別損失

経常利益に特別利益(特益)を足し、特別損失(特損)を引いたものを税引き前当期純利益と呼びます。
ここでの“特別”というの事業とはそもそもかかわりのないという意味になります。

特別利益

  • 不動産の売却
  • 株式の売却

特別損失

  • 災害によって発生した費用(例えばコロナ対策など)
  • リストラによって生じた臨時の人件費

例外的多額の損益を“特別”としているわけです。

ちなみにこの特別損益ですが、日本独自の考え方のため国際会計基準には存在しません。
そのうちなくなる可能性が高いです。

当期純利益(純利益)

税金を納めた後に残った最終利益を純利益と呼びます。

当期純利益 = 税引前当期純利益 - 税金

企業の手元に残る利益を純利益と呼びます。
決算は年1回あるので、当期というのその1年を表します。

おわり

今の仕事に満足していますか?
勉強して転職も手一つの手です。
就活サポートのあるProgrammerCollegeでプログラミングを学んで転職を!
すでに実力があるなら、転職ドラフトで自分の力を試してみよう!

コメント

コメントする

目次
閉じる